2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
神様のカルテ
昨日の事で恐縮ですが、久々に劇場へ映画を観に行きました。

地元が舞台の 『神様のカルテ』。


原作よりも映画の方が、一止の悩みや迷いが前面に押し出されていた気がします。
これは、主演の櫻井さんの演技力? 人柄?
映画を観るまでは、一止が櫻井さんというキャスティングにちょっと疑問を感じていたけれど、
観終わったら、櫻井さんで良かったな、と思いました。

ハルさんは、もう宮崎あおいちゃんでバッチリ!
キャスティングを知った時から楽しみにしておりました。
想像していたハルさんのやわらかい声そのまんま!
「和」のイメージで、ふんわり、軟らかく、穏やかにイチさんを支えて、芯はしっかりと持っていて…。
原作読んだときから、あおいちゃんか蒼井優さんのイメージだな、と思っていたのよね。

御嶽荘の住人、栗原夫妻、男爵、学士殿。
おや? 櫻井さん以外の3人って 『篤姫』 共演者!!(笑)
篤姫、大久保、篤姫兄。
櫻井さん、入りにくかっただろうな。

砂山先生のキャラクターが随分と違うのが寂しかったけれど、
一止のキャラクターを立たせるには映画版砂山先生の方が良いですね。
「砂山ブレンド」 が健在だったのは嬉しいです。(ルーピン先生か!?)

看護師さんの面々もイメージ通りでした。
特に東西さん役の池脇千鶴さんが可愛くて、つれなくて、一止との距離感が良かったです。

そして、安曇さん。
原作を読んだ時には、もっとほっこりとして、
縁側でお茶でもすすっていそうなお婆ちゃんをイメージしていたけれど、
加賀さんの安曇さんは 「もっと生きたい」 という凛とした意志を持っていて、ステキでした。



原作が出てすぐに読んだので、原作の細かいところは忘れてしまいましたが、
映画は原作をシェイプした感じですっきりしているけれど、
原作の温かさもキチンと残っていて、どちらも好きです。

櫻井さんの一止が、ちょっとぼそぼそしゃべりだったので、
聞き取れないセリフが結構あったのが残念!
今月の22日から25日まで、日本語字幕版が上映されるとのこと。
せっかくなのでもう一度観に行ってこようかな?
1,800円はイタイけど…。




そう言えば、『神様のカルテ』 の前に 『ツレがウツになりまして』 の予告が流れていたけれど、
主演が宮崎あおいちゃんと堺雅人さんなのね。
篤姫&家定、再び!!!
なんかいろいろと考え込んでしまいそうな内容なので迷っていますが、
あの初々しくもイチャイチャな夫婦っぷりが観られるなら観に行こうかな…?



スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

遊木(ゆうき)

Author:遊木(ゆうき)

補聴器ユーザーの中度難聴者。
本が無ければ生きていけないと思われます。

マイブームは 『日本史』。
特に幕末。
新選組からハマって会津藩に辿り着いたため佐幕寄り。
その割には 「長州ファイブ」 も好きだったり…。
幕末並みにときめいているのが 『韓流時代劇』。
その他、サイト取り扱い以外の嗜好物として…

◆書籍
 マンガ、児童書、小説一般、
 紀行もの、歴史小説、実用書etc。
 官能小説以外なら何でも。(笑)

◆音楽
・Stardust Revue
・esq
・call
・ERU
 △基本マイナー嗜好で

◆キャラクター
・あかべえ
・アランジアロンゾ
・ガチャピン
・ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男3世


コメントはお気軽に♪
(管理人、大喜びします。)
ただし、広告、不審なアドレスの書き込みなどの場合は、管理人の権限により無断で削除させていただくことがありますのでご了承くださいませ。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Pixiv

ご協力お願いします

今日は何の日?
お薦め・お気に入り
管理人別サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。